アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
問遥〜随詩・雑想〜
ブログ紹介
ふと浮かんだ詩文散文、思い入れた風景。
伝える以前のことばにこそ秘められる力もありますから、
未熟なまま、熱を持ったままの思いが心の澱になって溜まらぬようにしたいのです。
zoom RSS

無題

2016/11/14 22:38
この年度に、考え始めたこと。
まとまりきらないメモの形で残っていたので、
あえてそのままに残します。




前の人がやってきたことを踏襲すればうまくいく、とか、
誰かが言っていることを実践すれば報いを受け取れる、とか、
そういう時代ではなくなってきたということ。

何をするにあたっても、
うまくいかないリスクは伴い、
実際、思うようには運ばない。
自分自身の実践した成功例ですら、
次の機会には失敗する。

その折に、どうすればいいのかを
考えようとする力こそが必要。
何とかしなければと思う動機を
己の内側から育まなければならない。
与えられるものは、常に崩れ去る砂上の楼閣と知れ。
築き上げたものは、運命によって
不条理に突き崩される石塔だと知れ。
記事へトラックバック / コメント


天の音

2016/03/21 10:57


画像




宮沢賢治作品が好きなので、
とても興味深く拝見できました!!
たくさんの作品から
登場人物のモチーフをごちゃ混ぜに
アレンジされていたので…
そして役者の皆さまも、
個性強く演じられていたので、
どう収拾をつけられるのかなあと
ハラハラしながら見ていました。
賢治の世界観を壊されたら嫌だなあ、
という不安も、たぶん少しあったのですが…
カムパネルラ=妹(トシ?)のくだりで、
全てが腑に落ちて、
切なく深い愛情に導かれた物語であることに
涙が出ました。
悲哀や試練を抱えて、それでも強いとか、
それでも濁らないとか、それでも愛せるとか、
それでも進む、飛翔する…ということを考えました。



…と、アンケートに記入しました。
そして、更新がとんでもなく久しぶり…(;・ω・)
記事へトラックバック / コメント


フアン

2015/05/23 20:58
ずっと、心配していることがある。

でも、言葉にはしないようにして。
本当にならないように…


「心配したって、なるようにしかならないしね」


あの時の一言も、頭にあるし。
(もちろん、話題の内容は全然違うことだけど)



延期の事情が、この心配とはつながっていませんように。
そう、願うばかり…
記事へトラックバック / コメント


久々

2015/05/19 23:53
本当に久々に、何一つ余計なことを考えず、
無責任なまでに楽しもうとすることができたように思います。
日にちも、きっと今日で良かった♪
そういうご縁があったということです。


そして…
気持ちが少し楽になることで、
素直にこう思えます。


一番会いたい人に、会いたいなぁ…
記事へトラックバック / コメント


過ぎ去る

2015/05/04 01:37
話せるようになったことは、
1つ乗り越えられた証拠だと思う。
理想を捨てないためには、
理解しがたい何かを、
それでも知ろうとするしかないから。

一方で、また同様の傷を負うのが怖くて、
逃げようと脅える自分が消せない。
トラウマのように焼きついて、
立ち向かう姿勢が取れないでいる。



時間が過ぎ去った時、
これらの形はどう落ち着くものなのか?
流れに薄らぐのか…
沈澱して凝るものなのか…
記事へトラックバック / コメント


手段と本質

2015/04/02 01:02
貫くべき理想が、
手段によって汚されることもある。
ならば、手段は問われるべきである。

貫くべき本質が、
最初から欺瞞に満ちている場合がある。
ならば…どうしたらいいだろう?

貫くべき覚悟が、
空漠として捉えきれぬ時がある。
それでも…失望しないためには…


記事へトラックバック / コメント


無私であること

2015/04/02 00:53
無私であることを、どうやら私は無条件で尊敬する。
だからこそ、それを建前にして偽る人を、
承服しかねて悩むのだと思われる。

理想を掲げるならば、身を削って貫け。
空虚な綺麗事でも、言葉に乗せたならば背負え。
そう思う。



それが建前に見えること自体…
私が偏っているのだろうか?
空言としか思えないのは…
私の歪みなのだろうか?
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

問遥〜随詩・雑想〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる